私がオンライン英会話を併用している理由|レアジョブとキャンブリーを比較!

私は、レアジョブとCambly(キャンブリー)を併用して利用しています。

どうして1社じゃなくて、2社のオンライン英会話を併用しているんだろう?


と思われる方もいらっしゃると思います。

今回は実際にこの2つを組み合わせて使っている筆者が次の3点について、徹底的に解説していきます!

  • オンライン英会話を併用する理由
  • 併用する際の効率的な受け方
  • レアジョブとキャンブリーの違い

この記事を読んで2つのオンライン英会話を受講して徹底的に英会話に取り組むのもよし、比較してどちらか自分に合った方を選ぶのもよし。

ぜひ自分に合った英語勉強法を見つけて行ってください!それでは順番に解説していきましょう。

この記事を書いた人
琥珀

ニックネーム:琥珀

Cambly歴1年以上
現在レアジョブのビジネス英会話プランと併用中。

生粋の勉強嫌いで英語力0ながらもワーホリを利用してオーストラリアへ。
コロナに負けずに3年目に突入。

現在TOIEC725点。日本人のいない英語環境の職場で奮闘しながらもうすぐ1年が経過。
英語を通じて世界各国の友達ができました!ゆくゆくは世界中の色んな国を巡るのが目標。

目次

オンライン英会話を併用した理由

Cambly(キャンブリー)を始めるまで

ワーキングホリデーでオーストラリアへ

私は2019年にワーキングホリデー制度を利用してオーストラリアに来ました。

オンライン英会話Cambly(キャンブリー)を始めたのはちょうど1年経った時でした。

オーストラリアにきた当初は『英語圏の国に住めば自然と英語が話せるようになるだろう』という超甘い考えでした。

それが打ち砕かれたのが1年後、、、

1年経っても英語は話せない・・

オーストラリアという国は日本人もたくさん住んでおり、場所さえ選ばなければ英語が話せなくても全然普通に暮らせちゃいます

しかし、そこに甘んじてしまうとジャパニーズレストランで最低賃金以下の給料でいいように使われて、貴重なワーホリの時間が過ぎていってしまいます。

私も初めの一年は日本人向けサイトで仕事を見つけ、英語力のあまり必要のない仕事をしていました。

しかし、いつまで経っても英語力が伸びない状況に危機感を覚え、Cambly(キャンブリー)を始めました

Cambly(キャンブリー)を始めてから

Cambly(キャンブリー)を始めてから、オーストラリア現地の人の英語が格段に聞き取りやすくなり、英語力もかなりアップしました!

エージェントを利用し英語力テストに合格、ホテルインターンシップに参加して5つ星ホテルの面接に英語で挑み、見事現地の給料のいい仕事をゲットしました。

英語の面接では、Cambly(キャンブリー)の教材 ビジネス英会話 Workshop:Placticing Job Interview で練習しました。

なぜオンライン英会話の併用を考えたか?

幸い私は、日本で獲得した取得した資格と仕事の経験があったので、仕事での技術面的にはとても重宝されました。

仕事も始めのうちは、言われたことを理解して実行するという日常会話がスムーズにできれば問題ないレベルでした。

しかし、長く働くにつれて、次のような対応が仕事で必要になりました。

  • お客様相手の電話対応
  • マネージャー不在時の代理の会議参加
  • 他の部署とのやりとり
  • お客様相手の商品の売り込み
  • メールの返信

という比較的上級レベルの英語力を要求される場面が多くなってきたため、さらなる英語力アップが求められました。

Camblyでは日常英会話ができるようになった

当時の私はCambly(キャンブリー)を週2回のペースで長い間使用していました

おかげで日常英会話に困らないぐらいに英語力は成長しました。

しかし、仕事で英語を使っていく上で、慣れてくるうちに電話対応やワンランク上の英語を使った業務を任されるようになり、今までのペースでは足りないと思うようになりました。

そこで、考えついたのが2つのオンライン英会話の併用です。

レアジョブを併用した理由

Camblyは継続したい

仕事上で短期間で必要な部分だけをピックアップして、ビジネス英会話を身につけるにはCambly(キャンブリー)は少し不向きでした。

Cambly(キャンブリー)でビジネス英会話を本格的に学ぼうすると教材が圧倒的に少なく、全てのシチュエーションをカバーできませんでした。

しかし、ネイティブの講師との会話はまだまだ必須と考えていたのでCambly(キャンブリー)を続けながらのビジネス英会話の向上の道を考えました。

Camblyだけだと費用が高い

もちろん、Cambly(キャンブリー)のレッスンで毎回状況を提示してそれに見合った会話の仕方を教えてもらうといったやり方もできます。

しかし、レッスンの回数を増やすと費用がかかるので、別の方法を探しました

そこで、ビジネス英会話の教材が豊富で費用の安いレアジョブと併用することで、短期間で仕事に使える英語力を伸ばすことができると思ったのです。

オンライン英会話を併用するための私の条件

まず私がオンライン英会話を併用すると考えた上での条件を以下にまとめました。

  1. Cambly(キャンブリー)でのネイティブとの会話練習は続けたい
  2. レッスンの回数を増やしたい
  3. なるべくコストを抑えたい
  4. 英語力もチェックしたい
  5. ビジネスで使える英語の教材をたくさんやりたい

これらを踏まえた上でオンライン英会話の無料体験レッスンを実際に何社か受けて、レアジョブに決めました!

レアジョブとCambly(キャンブリー)を選んだ理由

私がレアジョブとCambly(キャンブリー)を選んだ大きな理由は、

  1. Cambly(キャンブリー)でネイティブとの会話練習を続けたい
  2. 比較的安い価格で多くレッスンが受けれてかつ、英語力もチェックできるというので選んだのがレアジョブ

といった理由でした。

①Cambly(キャンブリー)でネイティブとの会話練習を続けたい

これは私がCamby(キャンブリー)を選んだ1番の理由であり、他のオンライン英会話にはない魅力的な特徴の1つです。

私が海外で生活していて感じたのが、ネイティブと非ネイティブでは日本人にとって格段に聞き取りにくさが違う点です

Cambly(キャンブリー)ではそんな日本人が苦手な独特の聞き取りにくさというものが克服できると感じたので、絶対に続けたいと感じていました。

②安い価格で多くレッスンができ、英語力もチェックできるレアジョブ

さて、Cambly(キャンブリー)と併用する時に問題としたのが、次の3点です。

  1. 料金の安さ
  2. レッスンの多さ
  3. 英語力テストがある

特にレアジョブでは定期的にスピーキングテストが受けられ、6つの項目によって詳しく自分のレベルを知ることができます

項目は表現の幅、流暢さ、やりとり、正確性、一貫性、音韻 という様に分かれており、それぞれ自分の強み、弱みがわかります。

それぞれのレベルによっておすすめの教材をピックアップしてくれる点もとても使いやすいと感じました。

レアジョブとCambly(キャンブリー)を併用するメリット

レアジョブとCambly(キャンブリー)はお互いのメリットデメリットをうまく補える最強の組み合わせです!

2社の効率的な受け方から合わせて説明していきます。

レアジョブとCambly(キャンブリー)の効率的な受け方

今回は2パターンの目的に合わせたおすすめの受け方を紹介します。

短期集中ビジネスで今すぐ必要な人向け

  • Cambly(キャンブリー) 週1回15分
    →月2,074円 *(12ヶ月分まとめて払った場合)
  • レアジョブ ビジネスコース1日25分
    →月10,780円 *(初月半額サービスもあり)

仕事終わりの25分をレアジョブでの勉強に、休日はレアジョブとCambly(キャンブリー)を受けてネイティブの発音やナチュラルな表現を講師に確認するのがおすすめです。

安く英語が話せてネイティブの英語も聞き取りたい方向け

  • Cambly(キャンブリー) 週3回15分
    →5,714円 *(12ヶ月分まとめて払った場合)
  • レアジョブ 日常英会話コース 毎月8回 25分
    →月4,620円 *(初月半額サービスもあり)

レアジョブで教材をメインに文法や語彙の使い方をインプットし、Cambly(キャンブリー)のフリートークでアウトプットの練習をメインにするのもおすすめです。

実際に2つのオンライン英会話を併用してみて気づいたこと

実際にレアジョブとCambly(キャンブリー)を併用してみて、どちらがどのように良かったのかまとめてみました。

スクロールできます
項目レアジョブCambly
英語表現△英語の表現が固すぎると感じることがたまにあった○細かい表現の違いや実際の場面での使い分けを、
 ネイティブの感覚でチェックしてもらえる
講師の質○講師の質が安定している△講師によってばらつきがある
修正頻度○文法や発音を細かく直してくれる頻度が高い△講師によるが基本甘め
教材○教材が豊富で好きなトピックを好きな順番で受けられる△コースを決めたら1から順番にしか受けられない
予約△一回ごとにしか予約できない○何回でも先の予約が取れる
○予約なしでもレッスンを受けることができる
復習○チャット履歴から修正された箇所を見直せる
△録画機能がないので発音などは復習が難しい
○自動録画機能でいつでも復習ができる

このように、どちらかで足りないと思った点はしっかりともう片方でカバーすることができました。

レアジョブとCambly(キャンブリー)の違い

スクロールできます
項目レアジョブキャンブリー
対応時間6時~25時24時間
子供向け教材ありなしなし(cambly kidsを案内)
自習コンテンツビジネス英会話コースの場合、
NHKの教材が利用可
翻訳機能付きチャット
録画復習機能
レッスン受講形式マンツーマンマンツーマン
レッスン時間25分15分単位
予約可能時間5分前まで予約不要
録画機能なし録画機能あり
サポート体制
(トラブルなど)
問い合わせフォーム問い合わせフォーム
学習相談有料でありなし
日本語対応可能日本人バイリンガル講師あり
日本語を話せる講師なし
日本語を話せる講師あり
無料体験レッスンありあり
無料レッスン期間2回15分

レアジョブの特徴

  • 講師がフィリピン人
  • 教材が日本人向け
  • 定期的にスピーキングテストを受けることができる
  • 安い価格でたくさんレッスンが受けれる
  • 日本人のカウンセリングが受けれる

小見出し1−2:Cambly(キャンブリー)の特徴

  • 講師が全員ネイティブ
  • 教材は全て英語
  • フリートークがメインに使われる場合が多い
  • 自動録画機能で復習がしやすい
  • ネイティブが普段使う表現が学べる

レアジョブとCambly(キャンブリー)の料金を比較

スクロールできます
オンライン英会話料金比較(月額 税込金額)
レアジョブ■日常英会話コース
 毎月8回:4,620円
 毎日25分:6,380円
 毎日50分:10,670円
 毎日100分:17,600円

■ビジネス英会話コース
 毎日25分:10,780円

■中学・高校生コース
 毎日25分:10,780円

■オプション
・あんしんパッケージ
 1,078円(税込) / 月

■レッスンチケット
(有効期限30日間)
・1枚:660円
・6枚:3,300円
・13枚:6,600円(税込)
キャンブリー【1日15分】
■週3回
(学習期間)
 1か月: 8,790円
 3か月: 7,471円
 12か月: 5,714円
■週5回
(学習期間)
 1か月: 11,990円
 3か月: 10,191円
 12か月: 7,794円

【1日30分】
■週3回
(学習期間)
 1か月: 14,390円
 3か月: 12,231円
 12か月: 9,354円
■週5回
(学習期間)
 1か月: 20,990円
 3か月: 17,841円
 12か月: 13,644円

【1日60分】
■週3回
(学習期間)
 1か月: 26,390円
 3か月: 22,431円
 12か月: 17,154円
■週5回
(学習期間)
 1か月: 40,490円
 3か月: 34,416円
 12か月: 26,319円

※週1回~週7回と選択できます

レアジョブとCambly(キャンブリー)の教材を比較

スクロールできます
オンライン英会話教材
レアジョブ・日常英会話
  実用英会話 レベル3~8
・ビジネス英会話
  実践ビジネス レベル3~10
・ディスカッション
  NHK「実践ビジネス英語」テキスト・音声
  NHK「実践ビジネス英語」レッスン
  ビジネスディスカッション 初中級
  ビジネスディスカッション 中級
  ウィークリーニュース アーティクル
  デイリーニュース アーティクル
・スモールトーク
  ビジネスシチュエーション クエスチョン 初中級
  ビジネスシチュエーション クエスチョン 中級
  カンバセーション クエスチョン 初級
  カンバセーション クエスチョン 初中級
  カンバセーション クエスチョン 中級
・文法
  文法 初級
  文法 初中級
・発音
  発音 ベーシックサウンド
・オンライン英会話準備
  スターター
・Go for it!
・英検®2級/準2級/3級 二次試験・面接完全予想問題
キャンブリー(コースごとの独自教材)
Basic Conversation Topics
Basic Conversation Topics Part 2
Intermediate Conversation Topics
Intermediate Conversation Topics Part 2
Advanced Conversation Topics
English Conversation 101
English Conversation 102
English for Travel
Intermediate English for Travel
Business English
Advanced Business English
Workshop: Practicing Presentations
Workshop: Practicing Presentations
The Exciting World of Startups
Academic English
Introduction to Public Speaking
Business English for Leadership and Management
Life in the Internet Age
Caring for Our Planet
Healthy Mind, Healthy Body
Movies and Television
Raising Children
Eating and Cooking
The Olympics
IELTS Speaking Part 1
IELTS Speaking Part 2
IELTS Speaking Part 3
IELTS Speaking Mock Tests
TOEFL Speaking Practice

レアジョブとCambly(キャンブリー)の講師の比較

スクロールできます
オンライン英会話講師比較
レアジョブ【特徴】
 フィリピンに住むフィリピン人講師、フィリピン各地の大学在校生・卒業生が多数。日本人講師はレアジョブの独自試験に合格し、英語を教えることができると認定された者。
【講師の国籍】
 フィリピン人、日本人
【講師勤務先】
 自宅またはオフィス
キャンブリー【特徴】
 アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど英語圏のネイティブスピーカー
【講師の国籍】
 英語圏
【講師勤務先】
 静かな場所(指定なし)

まとめ

今回はレアジョブとCambly(キャンブリー)、この2社を筆者が併用している理由についてご紹介させていただきました。

  • 安定した講師の質と教材の豊富さを持つレアジョブ
  • 様々な経験を持つネイティブ講師が多く在籍しているCambly(キャンブリー)

それぞれのメリット、デメリットを補えるこの2社は、私にとっての英語学習における最強の組み合わせです!

私のように別のオンライン英会話を並用することで、オンライン英会話に満足できていない場合は、問題を解決できるかもしれません

また、別のオンライン英会話に乗り換えてしまうのも一つの手です。

自分の状況に合わせて、オンライン英会話を活用していきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次